北海道造園設計株式会社 円山動物園ビオトープ基本計画


   Hokkaido Landscape Design Co.,Ltd.
  北海道造園設計株式会社











          戻る

円山動物園ビオトープ基本計画

 

 

 「札幌市円山動物園」では生物多様性の確保を行い、市内全域・北海道全体の自然環境についてのメッセージを世界に発信する「北海道の野生動物復元プロジェクト」実践しています。

 


 

 天然記念物「円山原始林」に隣接する動物園東のエリアには、キバナノアマナ・エンレイソウ・オオウバユリなど、豊かな自然資源が残っています。

 自生種を生かしたビオトープを計画するため、自然観察会を開催し、多くの市民との情報の共有をました。
 

 


 

 自然観察会の後は、マップに感想や意見を書き出してもらい、残すもの、改善すべきもの、様子を見守るものを抽出し、ビオトープ計画の参考にしました。

 

 
 

 植物・水生生物・昆虫などの専門家にも協力をお願いし、基本計画を策定し、その内容は公開セミナーで市民に紹介しました。
  この計画に基づき、現在市民ボランティアが参加する『円山動物園の森づくり』が進められています。